外壁塗装、屋根塗装の専門店。
至極丁寧安心施工で皆さまの家をお守りいたします。

知っておきたい塗装を成功させる豆知識

知っておきたい塗装を成功させる豆知識

外壁塗装・屋根塗装は業者選びはどこがいいの?

2020.01.16

住んでいると中々目にとまりにくい屋根

目に見えないからこそ注意が必要な屋根塗装。住んでいると中々見る機会のない屋根ですが、基本的には塗装を必要とする屋根ならば外壁塗装と一緒に行うのが一般的です。

見えないからこそ注意が必要な屋根塗装

「外壁塗装は必要なのかな」とわかるけど屋根の状態も見えないし、どのようにするのが一番なのかも分からない。訪問販売の方が『無料で屋根点検しましょうか?』といい色々指摘された。など色々お客様によって事情があると思いますのでここでは、屋根を塗装する際の説明をしていきます。

屋根の種類も色々で代表的な屋根をご紹介

まずはカラーベスト

カラーベスト、コロニアルなどと呼ばれる屋根

カラーベスト、コロニアルなどと呼ばれる屋根です。厚さ5ミリほどで薄く軽いです。耐久年数はメンテナンスを定期的にすれば長持ちする屋根です。ですが、塗り替えなどのメンテナンスををしなければ劣化していきますので、外壁塗装と同じタイミングで屋根も塗装されるのがいいかと思います。

注意:塗装される際は、必ず通気性をもたせるために”縁切り”と呼ばれる工程が必要になります。

劣化が進むと塗装不可になりカバー工法などによる屋根のやりかえ工事が必要になってしまうので注意が必要です。【塗装不可の場合は古い屋根の上に軽い金属の板をのせるカバー工法のリフォームが一般的になっています。】

次にセメント系の瓦

セメントと砂で作られた瓦

セメント系の瓦とは、セメントと砂で作られた瓦です。瓦自体には、防水機能がほとんどないので塗装が必要です。おしゃれな洋風の家に使われることが多い瓦です。

注意がひつようなのはモニエル瓦と呼ばれる瓦で下塗りを専用の

金属屋根

金属で代表的な屋根

金属で代表的な屋根です。

金属の屋根でいいますと、最近ではガルバ二ウムというメッキ鋼板で出来た屋根が主流です。塗膜にフッ素やシリコンを使っているのでメンテナンス周期も長いそうですが、販売業者の中には『一生メンテナンス不要です。』なんて言われる方もいるかも知れませんが、周期が長いだけで基本はメンテナンスがいると考えて頂いた方がいいかも知れません。

注意点としましては、上記にあるように表面に強いコーティングがしてあるものが多いので、しっかりとケレンをしてから塗装しないと数年で剥がれてしまいます。

あと塗り替え不要な日本瓦の陶器瓦やいぶし瓦・陸屋根の防水工事を必要とする屋根もあります。

目に見えないからこそ注意が必要な屋根塗装

まずは高圧洗浄

高圧洗浄
高圧洗浄;洗浄前と洗浄後

まずは高圧洗浄ですが、カラーベストとかなら洗浄前に割れている部分がないかなど先にチェックしてから洗浄にはいります。高圧洗浄前はコケなどが多くすべりやくなっていますので、とても注意が必要です。洗浄しコケを流しながら歩いて行かないとツルッとすべって事故につながります。

下塗り

下塗り。あまりに溜まりが凄い場合は、工程を逆にして先に縁切りしたほうがいいです

まずは下塗りまえに、チェックして高圧洗浄したあとの水分が溜まっていたら、屋根材の隙間に溜まっている水分をしっかり抜きます。あまりに溜まりが凄い場合は、工程を逆にして先に縁切りしたほうがいいです。

下塗り工事

次に下塗り工事です。劣化が激しい部分は、エポキシ樹脂が主剤の塗料ですと、2回、3回と下塗りをしてもドンドン吸い込み次の工程、中塗り、上塗りをしてもメーカー推進の膜厚が付かない可能性がありますので、弊社ではシリコン樹脂が主剤の下塗りを使います。

詳しくはコチラ

縁切り

次は縁切りといい、屋根材との隙間の通気をよくする工程です。基本カラーベストですと1枚の屋根材にたいして、タスペーサーという縁切り材1個ですが、ガイナのような膜厚がつく塗料ですと、1個では隙間が埋まってしまうこともありますので、1枚の屋根材にたいして2個いれるのがオススメです。

詳しくはコチラ

中塗り・上塗り

あとは中塗り・上塗りをかけて完成です。

中塗り・上塗りをかけて完成

カラーベストの塗装のポイントですと、しっかりと下塗りがされており、しっとりとした感じになってから中塗りをするということ。比較的痛みが少なく、縁切りがひつようなとことはしっかりするという、この2点がポイントかと思います。

また『こいう場合はどうなの?』など詳しく知りたい方はお気軽にご相談してください。