三重県津市 鈴鹿市の外壁塗装、塗り替え、屋根塗装の専門店。
至極丁寧安心施工で皆さまの家をお守りいたします。

専門店コラム

専門店コラム

手抜き工事・施工不良が減らない訳

2020.06.25

手抜き工事や施工不良が減らない理由について住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。

手抜き工事や施工不良になぜなるのか?
悪質な業者が雨漏り調査に伺ってわざと雨漏りを起こして工事依頼を受けるなどこの様な悪質業者を論外なので、のぞいて考えてみます。

本当はどの業者も手抜き工事なんてしたくない・・・

どの塗装会社もリフォーム会社も職人をしていたなら手抜き工事なんてしたくないはずなのです。

キチンと外壁塗装工事をしてきちんと利益が出ることが本当は誰しも望んでいる事なのですが、この建築業界にはなり手が少ないとかテレビなどでも聞いたことはないでしょうか?

ですので、職人を社員としてキチンと教育し、お客様の元へ送り出そうとしたら採用活動をしなければなりません。ですが、職人を目指す人も少ないので、一人当たりの採用単価は上がります。お金をかけて採用活動をしたら必ず職人を目指す人が入社するわけでもありません。そして、その採用するお金もないと採用活動すらできません。

無事入社までたどり着いても、一人前に育てるにも何年もかかり、仕事を覚えた頃に独立をしたり、日給月給の会社であれば結婚を機に辞めてしまうかもしれません。

そんな現実を見て「下請けを使おう」と考えるわけです。すべての下請け業者さんが決して悪いわけではありませんが、この業界には元請け下請け制度的なものが存在し、基本的に元請けの言い値で仕事をする事が多いのです。

そして、その言い値工事が手抜き工事に繋がっていることが非常に多いのです。

暗黙の了解

先ほど元請け下請け制度が手抜き工事に繋がっていることが多いと話しました。元請けに「この現場は〇〇万円でやってね」と言われるわけですが、その金額がキチンとした工事ができる金額であればよいのですが、どう考えても無理なときもあります。

それは、下請け業者が悪いのではなく、そんなライバルと安値合戦して受注する元請けに原因はあると思うのですが、いつも仕事を頂いている元請け業者だと断れない時もあるので、「はい、分かりました」と依頼を受けてしまうケースが多いのです。

そして工事が始まると「この値段ではこの工程を省かないときついです」というと「じゃあやり方は任すよ」と手抜き工事が始まるのです。逆に元請け業者に適正金額を頂いても手抜き工事をする業者も勿論います。

よほど信頼のある協力業者と呼べる下請け業者なら少しは安心ですが、私としては、やはり難しい事ですが、しっかりと職人を雇用して、お客様満足度を追求する職人を育てる事が一番だと思います。

そして、外壁塗装を「やってよかった」と思える工事にするには、その会社の職人さんの見極めだと思います。どんなすごい免許をもってようが、仕事を覚えた後は、何十年経験があろうが同じだし、お客様を思う気持ちがなければ決して良い塗装工事にはなりませんから。

□まとめ

基本的に初めから手抜き工事をしたい業者なんていない。少なからず元請け下請け制度が手抜き工事に繋がっているという事実。高いお金を払って工事するので、しっかりと現場を見せてもらったり、生のお客様の声を聞いてみたりする。などのお話をしました。

三重県津市・鈴鹿市での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3