三重県津市 鈴鹿市の外壁塗装、塗り替え、屋根塗装の専門店。
至極丁寧安心施工で皆さまの家をお守りいたします。

専門店コラム

専門店コラム

外壁塗装や屋根塗装のタイミングを逃すと・・・

2020.06.25

外壁塗装のタイミングを逃すと・・・について詳しく住宅の外壁塗装や屋根塗装、倉庫の外壁塗り替えなどをお考えの方に三重県津市・鈴鹿市の外壁塗装専門会社がお話をしたいと思います。「雨漏りがした」「傷んでいる」など色々な外壁塗装や屋根塗装をする理由はあると思いますが、塗装は万能ではありません。

タイミングを逃がすと・・・ 

住宅でも建物の外壁や屋根がある一定以上の傷みまできてしまうと外壁塗装や屋根塗装ではどうしようもなくなります。脅し文句みたいで気が引けますが、ご説明していきます。

例えば屋根材ですと、カラーベストなどで水はけをよくするために縁切り材として使用する、タスペーサーをいれてもスカスカの状態くらいまで傷んで反っている状態などでは、屋根材自体の寿命なので、屋根塗装を行ったとしても十分な耐久性が確保できませんし、美観も変わってきます。

また屋根の板金部分もサビて穴が開いている状態などでは、板金を貼り替えなくてはいけません。

外壁でも同じことが言えて、窯業系のサイディングが反っている状態ですと、雨水で外壁自体が寿命になっている状態なので、外壁塗装ではなく、そのサイディング自体を張替えしなくてはいけません。

構造上の問題の時も・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1235.png
上の写真は換気が取れていないため、温かい空気が上がり、夜になると外気との温度差で結露が起き結果下地が腐ってしまった写真です。

上の写真のように構造上の問題の場合もあります。この様な状態ですと、もはや屋根塗装とかのレベルではありません。屋根工事をしなくてはいけません。換気は後から設置可能ですし、屋根工事も自社で承りますので、ご不安なときは、点検無料なので、お気軽お問合せください。

前回の工事が悪いために再塗装できない場合も・・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 12356.png

前回の屋根塗装工事で上でお伝えした、本来、縁切りする部分を全て塗装でべっとりと塗装してあった現場の写真です。このように水の逃げ道がないと雨漏りに繋がります。しっかりと基本にそった屋根塗装をしましょう。

上のように構造上・前回の塗装によって再塗装が難しいと話しましたが、絶対に塗装できないか?と問われると、出来ない事はないです。しかし、それは表面上だけ綺麗にしているだけで、躯体維持という意味では、まったく意味のない工事になります。

□まとめ

外壁塗装や屋根塗装のタイミングを逃すとかえって工事が高くなる可能性があります。また新築時の工事の時の問題の場合もあります。もう一つは前回の屋根塗装や外壁塗装のやり方によって次の塗装工事をオススメできない場合があります。

三重県津市・鈴鹿市での住宅の外壁塗装,屋根塗装,は塗り替え職人直営の「リペイント匠」にお任せください。

TEL:0120-804-902

久居店:〒514-1103三重県津市久居相川町2100-8
津店:〒514-0103三重県津市栗真中山町70-1
鈴鹿店:〒513-0823 三重県鈴鹿市道伯2丁目1-3