外壁塗装、屋根塗装の専門店。
至極丁寧安心施工で皆さまの家をお守りいたします。

防水塗装(工事)

ベランダ、屋上からの雨漏り対策に
防水工事

ベランダや屋上も経年劣化が進むと手遅れになります。屋上やベランダから染み込んだ水は、雨漏りとなり建物内部へ侵入していき、大切な建物を蝕んでいきます。

建物が古くなると、防水の旧塗膜が劣化し雨漏りの原因になります。

防水塗装(工事)を行うことで見た目もきれいに。なによりも、雨漏りなどから建物を守ることになります。

防水塗装のタイミング

防水工事のタイミングはさまざまな防水工法がありますので、一概に言えません。

ですが、一般的に多いウレタン防水では、雨漏りはもちろんのこと、既存塗膜のひび割れ・膨れ・硬化不良などがあれば早めに工事することをおすすめします。

一般家庭で、住宅を外壁塗装するタイミングなどあれば事前対応として表面のトップコートだけされることもおすすめいたします。

防水塗装の工程

まずは、高圧洗浄・不陸調整・下地処理を行った後
に専用プライマーを塗布します。

次に通気緩衝シートを貼り付けていきます。

ジョイントテープでシートのジョイントを固定し、
端末処理テープで処理していきます。

通気緩衝シートに空気穴を開け30㎡~100㎡に
1つ脱気筒アンカーで固定し設置。ドレンも設置。

立ち上がりや細部にガラスクロス(メッシュ)を張り、
網目がなくなるまで刷毛・ローラーで塗布します。

1回目のウレタン防水。平場はウレタンを流しコテや
ローラーで1mm厚をイメージしながら塗布。

2回目のウレタン防水。

トップコートを塗装して完了です。

問題がなければ完成です。現在、陸屋根やベランダから雨漏りが起きているお客さまやセメントが露出していて不安なお客さまは、ご遠慮なくご質問・お問合せください。

痛んだ建物を放っておくと手遅れに!